« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012.11.30

アパマジャ

帰り道の途中にある何軒かの家が電飾でピカピカ光っております。
ああ、もうそんな時季か・・・でもまだ11月だしちょっと早くないかい?w
今年は12月も割とゆとりありそうなので、クリスマスも満喫出来るといいなぁ
(ただし今のところ予定はない。)

ここのところずっとメイジャンやっておりました。

121130_00

121130_01

アパマジャIとIIが完成しました!

やはりというか、一番足止め食らったのは天候がらみ。
特に「スパイダー族☆×50 天候:火風雷光」が・・・

スパイダー族は意外と生息地が限られる上に、
ボヤ、ワジャーム・バフラウ周辺は天候が雨季・夏季だけなので、
その時季を逃すとホント厳しいです。

逆に難関に思えたアパマジャIのスライムx200のサンダー〆はそうでもなかったです。
GOV効果で5分POPとなった怨念洞がお勧め。
スライムはそこら中にいるうえ、4匹くらい固まってる箇所があるので
周りのスライムも合わせて5~6匹まとめてガジャ焼き。

黒魔道士での杖メイジャンの基本は数匹まとめてガ焼きです。
通常エリアならLv60位の敵を探して10匹くらい纏めてやれると効率もアップ。

一方アパマジャIIの方は、雷状態異常中にトドメと何ともいやらしい試練です。
ソロでやるならばショック入れてどーんですが、
やはりこちらの試練は誰かに手伝ってもらうのが吉。
特に学者ある人はアビセアでの無双がいい感じです。
大量にリンクさせて、範囲アブゾマイン→フェルクリで一掃。
これソロでやってたら心が折れてたかも(笑)

あとは氷系のメイジャン杖も作りたいところですが、こちらはまた気が向いたらね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.11.17

神竜

毎日帰宅も早いってのに全然ネタも無いので月報と化しております・・・

相変わらずVWに参加しつつ、面倒で見ぬふりをしていた両手棍メイジャンの
雷魔攻杖、スタン杖にも重い腰を上げつつ、週に1回新ナイズルとかもやってみたり
打ち込めるところ探り探りなログイン状況です。
VWはチーリンメイン・・・コルスカンティ出ずにこのままでは1000戦超えそうです(笑)
現代・過去戦績も100万ほど注ぎ込んでいる状態でこれ。
もっと石のストックペース上げて欲しいぜ・・・

そんな感じVWの連戦に通いまくった結果・・・
クルオが貯まる一方!使い道も無いのに!

で、ちょっと考えたんです。
そういやアレ取ってないなぁと。

それが掲題の敵の戦利品である、トワイライトメイルとトワイライトヘルム。
アビセアは救世の人工アートマ取るほどやりこんだのに、
なぜか神竜はあまりやってませんでした。

神竜も天神薬前提であれば比較的に簡単にソロで行けるので、
溢れたクルオを消費するには丁度いいと思った訳です、はい。
今となっては天神薬無しにソロでクリアするようなツワモノもいるようですが。

ソロでの装備狙いのやり方はWeb上にいっぱいあるので割愛。
私は白/シで打時間の片手/両手棍狙いです。まあ定番ですね。

アートマと支援があれば白は早々死にませんので、
多分ソロでやるなら一番楽で弱点も狙い易いと思います。

=1戦目=
アートマはリゲイン&リフレ目的に紫苑、極彩、邪鬼だったかな。
プロシェルヘイストスキンなどなど諸々強化して突撃。
ケアル5と6駆使して回復しつつ弱点を探し、
両手棍のお告げが出てスピリットテーカーで青弱点付けました。

あとは焦らず天神&抗テラー&抗ドゥームで、回復させないようにアースクラッシャー。
まあ回復されなければ楽勝ですね。
3分は結構長いので焦って回復させないのがポイントなんでしょう。

戦利品は・・・

121117_00

なんと1戦目からトワ胴!!(∩´∀`)∩


気をよくしてこの日2戦目もやることに(笑)

=2戦目=
2戦目は運悪く、弱点が格闘でした。
突きようが無いので潔く死んでタゲきってリセット。
神竜は引き寄せ持ってますが、ジリジリと後退していけば
隅っこまで持っていけますので、仕切り直しは可能です。
1回の突入でも打時間目いっぱい使って3回くらいは弱点リセットできるんじゃないでしょうか。
なので突けない弱点でも諦めるな!

そしてリセットした結果、弱点のお告げ出すために撃ったヘキサストライクが青弱点だったという・・・

戦利品は・・・

121117_01

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

まさかの2戦で目的達成・・・
20個くらい天神薬飲んでやる位の勢いで始めたのに/(^o^)\

クルオ大放出の予定が・・・こんなとこで運発揮しないでVWのほうで頼むよ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »