« ネビム漁船 | トップページ | 1月収支報告 »

2008.01.28

釣りでの金稼ぎを真面目に考えてみる

最近の私の釣り活動は海図取りの為のベッフェルマリーン釣りが主です。
まだまだメルクリウスクリス&ソードがイイ値段で取引されているので。

しかし高額アイテムに目がいってて
実際効率を考えるとどうなのさ?って疑問が出てきました。


そこで釣りで効率良く稼ぐには何がいいのかを考えてみます。


■海賊の海図とリュウグウノツカイ

海賊の海図は約5%程度の確率で出てきます。
そしてメルクリウスクリスの確率は3~5%と言われています。
ここでは間取って4%としておきますか。
その為ベッフェルマリーン約500匹でナイフ1本という計算になります。
(ソロなどは負ける事も考えられるのでもっと期待値は下がりますが)

毎日1枚消化するならば1ヶ月に1本手に入ることになります。

△メルクリウスクリス:300万G以上。

更に海図狙いで釣っていると副産物として
シルバーシャーク、コーンカラマリ、リュウグウノツカイが釣れます。

何気にこいつらが侮れないんです。
正確に数えている訳では無いですが、
3時間程度の釣りでベッフェルマリーンが15~20匹程度釣れる間に
シルバーシャークは2D位、コーンカラマリは3D以上、
リュウグウノツカイは8~10匹程度釣れます。(恵比寿竿使用時)
つまり海図1枚取る間にこれだけ釣れる事になります。

△シルバーシャーク:562G 2D=13488G (ギルド売り)
△コーンカラマリ:168G 3D=6048G (店売り)
△リュウグウノツカイ:800G 9匹=7200G (ハラキリ)
△ベッフェルマリーン:150G 20匹=3000G (ハラキリ)

餌となるブルーテールを競売で仕入れたとしても
海図取りに行くだけで20000G程度は増える計算になります。

さらに忘れてはならないのがリュウグウのハラキリで出るメルクリウスソードの存在。
私は長い間出てないので半分忘れかけた存在ですが……
これの確率は1/256とも2/256とも言われる程の低確率です。
1/256と考えると1ヶ月に1本程度出ることになりそうですね。

△メルクリウスソード:60~70万G


●月給/時給

毎日海図1枚のペースで釣り&クエを消化していくと...

メルクリウスクリス&ソード 各1本 3000000G + 700000G
魚による収支 約800000G

月給は450万G
1日3時間程度の釣りなので時給は37500G


実際このペースでやるのは難しいと思うので、1ヶ月の期待値はもっと低くなるはずです。
私はせいぜい2日か3日に一度消化するくらいのペースです。

さてこの期待値が他の釣りに大して高いのか低いのか、そこが問題ですね。
ただ時間当たりの期待収支はまずまずな気がしますね。


■売れ筋の魚を競売へ流す

売れ行きの良い魚を売り捌く事を考えてみます。

△ブラックソール___D17000G
▲ライノキメラ____6000G
△ギガントスキッド__3000G
▲イエローグローブ__D3000G
▲グリモナイト____2000G
△ググリュートゥーナ_1700G
▲バストアブリーム__D11000G
▲シャル貝______D7500G
▲コーンカラマリ___D2500G
△ブルーテール____D6000G
▲ベッフェルマリーン_3000G
△ネビムナイト____D4500G
△トランペットシェル_D31000G
▲ノーブルレディ___D7000G

△非常に売れ行きが良い/▲売れ行きが良い

ざっと競売見てみるとこの辺りが人気で売れ行きも安定しています。
1つずつ見てみましょう。
(時給計算は競売に1日7枠分までを出品し売れる事で計算)

○ブラックソール
言わずと知れたスシの素材。師範魚ながら太公望さえあれば糸切れも無し、
餌も疑似餌でいい上に街中でも釣れるという寝釣り御用達魚だった。
その為寝釣りが氾濫している頃は店売り価格に毛が生えた程度の取引価格と
酷い状況であった。しかしSTTの取り締まり強化後は大分マシになってきている。

と見ての通り現在はそこそこまともな取引価格になっているので釣る価値はあり。
釣果は1時間ほどで2D程度にはなると思われる。時給32000G。

○ライノキメラ
アトルガン魚。マクアフティルの合成に使用。
大型魚の為、スタックは出来ないが疑似餌で釣れ、価格もまずまず。
少し前に釣ってみた感じでは1時間で10匹前後の釣果だった。
時給42000G。ただし売れ具合に少し波がある。

○ギガントスキッド
こちらもブラックソール同様以前は寝釣り御用達だった。
今は大分解消されている。
売れ行きは非常に良いが釣る人も多いため値崩れしやすいのが難点か。
釣果は1時間に10匹程度。時給21000G。
スシの出来る人はまた違ってくるかもしれない。

○イエローグローブ
売れ行きはいいもののちょっと単価が低すぎだ。

○グリモナイト
これだけを狙い打ちという訳にもいかないので
ネビムナイト釣りの副産物といったところだろう。

○ググリュートゥーナ
日本人ならマグロだよね!なのだが、
この世界のマグロはいまいち地位が高くない(笑)
売れ行きも悪くないので競売に流してもいいだろうって位。

○バストアブリーム
こいつもまた寝釣り御用達魚だった魚。
ブリームスシが他のスシほど人気が無い為、いまいち価格が上がらない。
ブリームスシは他のスシよりも命中上昇率が1%高いの悪くないと思うけどね(笑)
時給22000G程度。

○シャル貝
寝釣り御用達だった貝。
1時間辺りの釣果は2~3Dってところだろうか。
時給18000G程度。

○コーンカラマリ
名前の通り、いろんな餌に絡まりまくる。
恐らくヴァナディールで一番釣られている魚じゃないだろうか。
もちろん、副産物でだが。
こいつは店売りで1D2000G位になるので2500Gでは出品する価値は無いに等しい。

○ブルーテール
海図マニアが釣り餌として、はたまた獣使いの魚汁用に需要があるようだ。
狙い打つならバタリア辺り。
1時間の釣果は2Dほど。ただし同等にカラマリが絡まる為時給は15000G程度。

○ベッフェルマリーン
売る為に釣る人は少ないだろうと思っていたけど
結構なペースで売れてる事に驚いた。
海図クエをやる人は競売流すよりもハラキリして消化した方がお得。
メルクリウスクリス300万G = ベフェッルマリーン500匹
ベフェッルマリーン500匹競売へ = 150万G

○ネビムナイト
現在業者一番のターゲット魚。一斉対処後3日後にはもう復活してた……
業者が狙うくらいなので儲かることは間違いないのだが。
1時間辺り2D~は釣れるだろう。時給は10000G程度。
物量で勝負してくる業者と違い個人ではそこまでの稼ぎにはならない。
海蛇の岩窟ではグリモナイトとバストアブリーム、たまーに珊瑚のかけらが掛かるので
もう少し稼ぎは良くなると思われる。

○トランペットシェル
アルタナ魚。骨細工師のリング作りが主な需要。
個体数は少なめながらも1時間で1D~2D位釣れる。
非常に体力が多い貝なのでスキル低すぎると削りきれないかもしれない。
時給は31000~62000G。
今一押しって感じの貝である。
これで作られるリングは店売り価格も高めなので、
貝の供給が増えても値段はある程度保護されるであろう。

○ノーブルレディ
一見売れ行きいいように見えたけど、
D5000Gとかで投売りされてる履歴もあった。
・・・ギルド売りで5400Gなのに。
現状価格的には競売に流す価値は無いに等しい。


やはり今のところはトランペットシェルが安定感、価格共に頭一つ出てる感じかな~


■まとめ

結局のところ需要と供給のバランスでいくらでも変わりそうな感じなので、
その時々で供給するものを選択する必要がありそうです。
また同じ事ばかりではどうしても飽きるのでその辺上手い具合にやっていくとよさげ(笑)

|

« ネビム漁船 | トップページ | 1月収支報告 »

FF11-合成・釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63941/17873669

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りでの金稼ぎを真面目に考えてみる:

« ネビム漁船 | トップページ | 1月収支報告 »